まずはLINEでタレントゲートの 公式アカウントを友だちに登録!

LINEで友達登録が完了するとマイページ発行のご案内が届きます。

マイページでは、個別相談(カウンセリング)や企業とコラボレートして実施するいろいろな講座などに予約したり、会員だけが読める特別な記事を読むことができます。

就活を始める前に知っておきたい、“薬学生就活”のコツ

こんにちは、タレントゲート事務局です。いよいよ就活がスタートしましたね。今回は、これまでに就活を乗り越えてきた薬学生の先輩たちの声をもとに、薬学生ならではの就活のコツ、について紹介していきます。すでに面接が始まっている新6年生もいると思いますが、これから就活を始める新5年生のみなさんも、ぜひ参考にしてみてくださいね!

“薬学生就活”をざっくり理解する

ちょっと特殊?な環境で就活する病院と薬局志望者

まず病院の場合、1度に受験できるのは1つのみ、というのがよくあるパターンです。受験した病院が、残念ながら不合格になってしまったら、そこで初めて別の病院にチャレンジすることができるのです。要するに、複数エントリーが基本的にはNGとなっているわけですから、病院志望の薬学生は、基本的には先に選考が終わる薬局の内定を1つ持って、一院入魂?で、丁寧に病院を受けていくことになります。
一方で薬局の場合は、よほどのことがない限り、入社試験に落ちることはありません。ですから、薬局で働きたい薬学生の悩みとしては、一般的な就活生が悩むような「どう受かるか」ではなく、いったい自分はどこの薬局に入るのがベストの選択なのか・・・?という「どう選ぶか」という見極めこそが大きな悩みになるのです。

文系やその他の理系の人々と同じ土俵で戦う企業志望者

製薬メーカーやCROへの入社を希望する人は、文系やその他の理系の人々と同じ土俵で就活をすることになります。例えば大手製薬メーカーのMRを目指すような文系の就活生というのは、薬学部ではあまり見かけないタイプの意識高めの学生や、バリバリの体育会系なども多く、なかなか一筋縄ではいかない、厳しい戦いになります。薬系(=入社時には薬剤師免許を持っている)というアドバンテージはもちろんありますが、絶対的なものではないことを覚えておきましょう。
ちなみにタレントゲートのOB・OGの場合、第一志望先の企業にMRや開発職として入社した薬学生は、一般の就活生と同じくらい、5年生の早めの時期から積極的に就活している印象です。

タレントゲートサポーターズ(OB・OG)に聞く「就活中の情報収集術」とは?

インターンへの参加や、友だちとの情報交換など、情報収集はとても重要です。そこで、サポーターズの人たちに、実際に就活を体験したからこそわかる、情報収集についてのアドバイスや”あるある話”を聞いてみました。

薬局に就職する人は、どこでも入れるし・・・といった意識でいるかもしれませんが、「どういう環境で働くことが自分にとって良いのか?」という点からいえば、友だちとの情報交換はどんどんやったほうがいいです。
また病院志望者は、研究室などの先輩の情報に一番アクセスしやすいとは思いますが、その先輩自身もそれほど多くの病院を受けるわけではないので、やはり「自分の志望先へきちんと見学に行って調べる」ことが最も重要です。できれば、「実際に入職する人(内定者)を見つける」といった行動ができると良いです。

CROはとにかく選考が早いです。乗り遅れないよう、志望企業の採用ホームページを中心に情報をチェックしておくとよいでしょう。

インターンの参加は、さまざまなコミュニティ作りに役立ちます。企業志望者であれば、夏のインターンから参加するのがオススメです。インターンの中でも、夏と冬では参加コミュニティが異なります。企業にもよりますが、冬の参加者は「夏」に参加しておけばよかったと思うくらいに集まる人の質が変わることも。また、インターンではみんなで協力して行う作業が多く、自然と仲間意識が強まります。企業志望者のLINEグループなどもあるので、参加しておくとよいのではないでしょうか。

就活中のコミュニケーション、みんなどうしてる?

薬学生は友だちを大切に!

薬学生の就活の悩みは、文系の学生にはなかなか理解してもらえないことが多いようです。ですから、悩みを共有できるゼミの仲間や、周囲の友人を大切にしましょう。余談ですが、薬学生の場合、就活が終わるとすぐに「国試対策の勉強ができる」という気持ちにスイッチが入り勉強に集中してしまうので、一般の就活生とは違い、先に就職が決まった人からまだ決まっていない人に、ちょっと上から目線で「就職とは……」などとアドバイスをしてしまうような暇な時間(笑)のある人は少ないですね。

ちなみに、企業志望者は意外と狭い世界。「嘘の情報」や「人の足を引っぱる行為」などは噂がすぐに広まるので、素直に自分の情報を交換し合う人が多いようです。良いことも悪いことも、いずれ自分に返って来るもの。人を貶めるような行動はやめましょう!

また、企業志望者は他大学の学生とやり取りをする機会も比較的増えますし、タレントゲート参加者は薬剤師志望でも、イベントで知り合うことで他大学の友だちができやすいので、そこから得られる情報も多いです。こういった機会を利用して、どんどん他大学の人と仲良くなりましょう!

カテゴリの記事一覧

インターン参加者体験談 ~病院編~

インターン参加者体験談 ~薬局編~

OB・OGが教えてくれる ~病院の最終面接ってどんな感じ?~

自分のキャリアの第一歩、本当にココからのスタートでいいの?迷ったときに参考にしたい先輩の体験談

就活を始める前に知っておきたい、“薬学生就活”のコツ

「薬学部の先輩が教えてくれる! ~就活アンケート集計報告~」

何も考えずに身近な薬局に就職してしまう「1社エントリー」のリスクとは?

自分の思考をたどるための簡単な3つのフレームワーク