タレントゲート
新規会員登録
タレントゲート会員登録
閉じる まずはLINEでタレントゲートの公式アカウントを友達に登録! LINEの友たち登録

まずはLINEでタレントゲートの公式アカウントを友だちに登録!

LINEで友達登録が完了したらマイページを発行しよう!
LINEで友達登録が完了するとマイページ発行のご案内が届きます。

マイページでは、個別相談(カウンセリング)や企業とコラボレートして実施するいろいろな講座などに予約したり、会員だけが読める特別な記事を読むことができます。

閉じる
マイページにログイン

新卒で在宅医療の世界へ飛び込み、地域の医療をけん引する薬局薬剤師

現在は薬剤師として在宅医療に取り組まれていますが、どのようにキャリアをスタートされたのでしょうか?

現在は薬剤師として在宅医療に取り組まれていますが、どのようにキャリアをスタートされたのでしょうか?

2012年に新卒で当社に入りました。学生時代から在宅医療には興味があり、地域のために役立ちたいと話す社長に通じるものを感じて入社したんです。

最初の配属先は、その当時社内で一番在宅医療に取り組んでいた葛飾区柴又にある薬局です。新卒でもすぐに在宅医療に携われることになった背景には、実は運転ができることが重宝されたという事情もありました。今の薬剤師には運転ができない人が多いですが、施設や個人宅の訪問には、主に車を使いますから。

在宅医療については、この柴又の店舗で学びました。当時訪問していたのは個人宅が中心です。できるだけ患者さんとのコミュニケーションの時間を作れるよう、最短ルートで到着することを意識しながら訪問していました。

在宅医療に興味を持たれたきっかけはあったのでしょうか?

大学の実習がきっかけです。在宅医療に携わる薬剤師はまだ少数なのですが、薬局実習や病院実習の中で偶然そういった薬剤師に出会うことができました。彼らの仕事に接したことで、漠然と思い描いていた在宅医療業務のイメージが私の中で具体性を持ってきて、自分もやってみたいと感じるようになったんです。

それに、在宅医療は薬局業務の最先端ですが、当時は在宅医療をやりたいという人が周囲に全くいませんでしたから、自分が最初に飛び込んで周囲をリードしていきたいという気持ちもありました。

幅広い層の患者と向き合ううちに社内でも在宅医療の中心的存在に

その後、在宅医療への関わりはどのように変わっていかれたのですか?

社内で薬局を統合して在宅医療への対応を一元化する動きがあり、入社3年目のときに葛飾区にある当社初めての在宅医療専門店舗の運営を任されました。

当時、私の他にはベテランの薬剤師が2名と事務スタッフが1名という体制で、葛飾区の在宅患者150名をすべて受け入れられるようにしていました。施設の対応も1か所ありましたが、ほとんどが個人宅です。個人宅の患者さん150名を3名の薬剤師で分担して回っていました。

かなりの規模ですね。患者さんは慢性期の方を含めて幅広くいらっしゃったのでしょうか?

患者さんは要支援1の方から要介護5の方までいらっしゃいました。個人宅では、患者さん1人に対してアフターケアからサポートまで、すべてやらせていただきます。そのため、その店舗にいた1年間は、幅広い患者さんと深く向き合うという経験ができました。

その後、新店舗がオープンしてそこに異動されたのですね。

はい。それが現在の勤務先でもある練馬区の薬局です。今はオープンして1年ほど経ちました。それまで、練馬区や西東京市の方面には出店していなかったのですが、ある軽費老人ホームが薬局を探されていて、要望にお応えする形でオープンしたんです。

当初は2施設にご対応することからのスタートでした。ところが、周囲にはまだ在宅医療をしている薬局がなかったため、いざ始めてみると個人宅からのご依頼も多くなって。これは予想外でしたが、個人宅の患者さんが40名くらいまで増えることになりました。

施設にいる患者さんとのコミュニケーションのため、往診のドクターに同行

施設と個人宅の両方を経験されて、どのようなところに違いがあると思われますか?

個人宅では1人ひとりの患者さんにしっかりと向き合いますが、施設では患者さんではなく、お薬を管理されている看護師やヘルパーを通じて接することになります。そのため、たとえば薬の服用方法を伝えるときにも、看護師やヘルパーの先にいる患者さんまで届くように、伝わりやすい表現でコミュニケーションするようにしています。

ただ、当社では患者さんに会ったことがないという状況をつくらないように、医師の往診に薬剤師も同行する「ドクター同行」を行っています。医師は患者さんとのやりとりがありますから、医師に同行することで薬剤師も患者さんとのコミュニケーションに参加できるようになるんです。

そういった取り組みはどのくらい進んでいるのでしょうか?

現在、ここ練馬区の店舗ではサービス付き高齢者向け住宅以上であれば、すべての施設でドクター同行をさせていただいています。

施設は、利用者の症状の重さに応じて4段階に分けられます。その中で、サービス付き高齢者向け住宅以上の患者さんには十分なケアが必要なため、優先的にドクター同行をしているわけです。

薬剤師が一緒にいることで、医師にとってもその場で薬のことについて聞けるというメリットがありそうですね。

そうですね。そのときに応じた薬をこちらからご提案できるという意味でも、ドクター同行にはメリットがあります。

ドクター同行のときであれば、施設の看護師、クリニックの医師と看護師、薬剤師の4人がそろって今後の治療について話し合うこともできます。

地域で在宅医療に取り組んでいくための“顔の見える関係づくり”

在宅医療の現場では、いわゆるケアマネージャーとの連携も多いのではないでしょうか?

ケアマネージャーは、いわば在宅医療のリーダーです。薬剤師が患者さんに十分な対応をしているかどうかを、患者さん目線で厳しくチェックする役目も担っていると感じます。

薬剤師は医師やケアマネージャーと一緒に患者さんをケアする立場ですから、チームの一員としていい関係をつくれるよう、ごあいさつに行ったり、ヘルパーや訪問看護師なども出席する担当者会議に出席したりして、顔の見える間柄でいられるようにしています。

患者さんのエージェントとして、ケアマネージャーは大きな権限を持たれているのですね。

優秀なケアマネージャーは、介護申請や介護度が合っているかの判断や、介護保険の点数の振り分けを適切にされています。介護保険の点数をできるだけ使って、より良いサービスを患者さんに提供できるようにしているんです。

私は最初に患者さんを訪問したときに、「どんな感じでいつもお風呂に入ってますか?」とか、「どういう風にデイサービスを利用してますか?」と質問するのですが、その答えでケアマネージャーがどれだけきちんと対応されているのかがわかります。

薬剤師がケアマネージャーの資格を持って兼務しているケースもありますが、御社はそれについてどう考えられていますか?

ケアマネージャーの資格を持っている薬剤師もいますが、外部の人とのつながりを大切にしてこその地域貢献だと思います。ですから、自社ですべてを発信するよりも、やはり地域のケアマネージャーやサービス事業者と、顔の見えるいい関係性で在宅医療に一緒に取り組みたいという意識のほうが強いですね。

地域の医療の質を上げるため薬局同士でリソースを共有化

小川さんが今後さらに取り組んでいきたいことはありますか?

どんな薬局よりも最先端で在宅医療をやりたいという希望は、学生のころから変わっていません。そして、自分が得た経験をもとに、関東圏のすべての薬局に在宅医療を広めていきたいと考えています。

さらに、薬局同士での情報共有の促進や、ターミナルケアへの対応について、設備やノウハウの足りない薬局からの相談にも乗っていきたいと思っています。

薬局同士でリソースを共有化されているのですね。

薬剤師会に加入して麻薬の種類や在庫の情報を共有しているので、在庫がない薬局から、「代わりに行ってもらえませんか?」といったお問い合わせが結構あります。そういう場合は進んで対応させていただくようにしています。

麻薬は使用期限もありますから、種類をそろえて在庫を常に置いておくのは難しい面もあります。クリーンベンチを置いて、常に輸液に対応できるようにするというのは、相当なコストもかかります。それでも地域の役に立つことが大前提ですから、ある程度のリスクを取ってでも、できる限り準備しておいて引き受けるというのが当社の方針です。

勉強会を立ち上げ、地域の在宅医療をリードしていく立場へ

新卒で入社して以来、ずっと在宅に関わってこられた小川さんから見て、在宅医療は今後どうなっていくと思われますか?

もう団塊世代が後期高齢者になる2025年まで時間がありませんから、在宅医療に対応できる店舗をもっと増やし、より積極的に取り組めるようになっていければいいと思います。

そのために、私自身はこれまでの経験を共有するといった形で貢献していきたいと考えています。

経験の共有というのは、たとえば在宅医療の勉強会を主催するといったようなことでしょうか?

そうですね。現在、葛飾区にある在宅医療を専門とする2つのクリニックと訪問看護師、そして私の4者でタッグを組んで勉強会を開いています。先日もそこで薬について1時間ほど話しました。

今は練馬区、葛飾区、江戸川区にある3店舗に携わっているので、それぞれの地域の勉強会にも顔を出すようにしています。こうした活動を通じて、私みたいに在宅医療に向き合う人が増えてくれたらうれしいですね。

在宅医療に興味を持つ人が新卒でいきなり在宅医療に関わるのは、やはりハードルが高いのでしょうか?

在宅医療に興味はあっても、実際にやってみたら合わなかったというケースは少なくありません。個人宅に上がることや、何も設備がない中で投薬したり管理したりすることに抵抗がある人もいるようです。

それに、自己管理が前提の外来とは違って、在宅医療であれば患者さんが薬を飲んでいなければ薬剤師の責任と捉えられるため、重い責任があります。ですが、そういったことを知った上で、やはり在宅医療がやりたいという強い気持ちがあるなら、まずはチャレンジしてみることをお勧めしたいですね。

カテゴリの記事一覧

これからの病院薬剤師に求められること

新卒で在宅医療の世界へ飛び込み、地域の医療をけん引する薬局薬剤師

地域に密着したクリニックで、チーム医療の一端を担う薬剤師

薬局のサポートにITを活用。薬剤師の視点を多様なビジネスに活かす。

これからの薬剤師の新しい役割は、患者さんの「人生の最期」と向き合うこと。

高い専門性を活かして働くには? 「がん専門」薬剤師の仕事

在宅の患者さんたちをより良くサポートできる、医療×介護のチームをつくる!

子どもたちの学ぶ環境を安全に維持する、「学校薬剤師」の役割とは?

スポーツファーマシストとしてビジネスを展開。将来は新興国への展開も!

調剤室から一般病棟や外来、専門領域まで「病院薬剤師」にこれから求められる役割とは?