まずはLINEでタレントゲートの 公式アカウントを友だちに登録!

LINEで友達登録が完了するとマイページ発行のご案内が届きます。

マイページでは、個別相談(カウンセリング)や企業とコラボレートして実施するいろいろな講座などに予約したり、会員だけが読める特別な記事を読むことができます。

タレントゲートでは、薬剤師を目指す薬学生のみなさんのために、さまざまな講座を開講してきました。なかでも、「将来のことをまだ何も決めていない」「どこから就職のことを考えはじめればいいのかよくわからない」という方にオススメしてきたのが「就活スタートアップ講座」です。この講座は、薬剤師を取り巻く社会的な背景はどう変化しているのか、そしてその流れはこの先どうなるのか ……など、基本的な内容を盛りこんだ入門編となっています。

今回は、この講座に参加するみなさんに、前もって知っておいてほしいポイントをまとめました。講座を担当するコンサルタントのホシが、タレントゲートのインターン生オザワ君とともにお届けします。

講座の内容

1)医療を取り巻く現状、そして近未来はどうなる?

2)あなたが“実際に働く世の中”はどんな状況にあるか

3)「門前薬局」という仕組みから「在宅」「地域」への回帰

4)過渡期の今、「現状」だけを見て判断するのは危険!

5)薬学生の選ぶ進路の種類と傾向、その未来予測

1)医療を取り巻く現状、そして近未来はどうなる?

オザワ(タレントゲートのインターン大学生) 本日はよろしくお願いします!

ホシ(タレントゲート専任コンサルタント) よろしくお願いします。この「就活スタートアップ講座」は、就活を迎える薬学生のみなさんに、具体的な対策をお伝えする前の段階の講座として用意したものです。考えていただきたい大きなテーマは、「あなたが働く世の中はどんな世の中ですか?」ということ。なぜそんなことを考えなければいけないのか……それはこれから社会に出るみなさんにとって、「自分が実際に働く世の中」がいつになるかを考えれば、おのずとわかってもらえるかなと。

学生のみなさんが社会人として一人前になるためには、だいたい就職してからおよそ3年くらいの時間が必要。つまり、「こんな風に働きたい」「こんなキャリアを積みたい」という現時点での想いを本格的に叶えるのは、今から5年ほど先、2020年前後の話になるんですよね。

オザワ 確かにそうですね。

ホシ だからこそ薬学生のみなさんにも、少なくとも数年先までは将来を見据えて、自分自身のキャリアというものを考えてほしいなと思っています。

次のページへ >

あなたが“実際に働く世の中”はどんな状況にあるか