まずはLINEでタレントゲートの 公式アカウントを友だちに登録!

LINEで友達登録が完了するとマイページ発行のご案内が届きます。

マイページでは、個別相談(カウンセリング)や企業とコラボレートして実施するいろいろな講座などに予約したり、会員だけが読める特別な記事を読むことができます。

第6回[記事一覧]

実は製薬志望なんです。そんなあなたにこそ実習は大事

「就職の志望業界はどこを考えている?」実習中に進路についての考えを聞かれることもあると思います。そのとき、相手が病院や薬局薬剤師であるため、少し答え辛いのは製薬業界の志望の方。薬局や病院に興味がなく、モチベーションも下がるという声も聞くことがあります。
しかし、そんな製薬志望の学生こそ実務実習が将来に生きます。その理由と私が経験した製薬志望者向けのプログラムを紹介します。

貴重な臨床経験は就職後の強みになる

製薬会社で特に医薬品営業(MR)を志望する場合、文系職とライバルになると思います。そうした時、薬学生には何が勝っているでしょうか。知識は半年間の研修や努力によって習得できますよね。1番の違いは、現場での経験です。

6年制の薬学生に行われている薬局病院実務実習ですが、よく考えてみれば個人情報満載の医療機関の中で自由に学べる機会など、人生の中で今しかないのです。さらに製薬会社からみれば顧客にあたる医療従事者の思考や現場の課題を直接学び、手に取って他社製品と比較もできます。

製薬志望だから”実習は適当”は間違い

製薬会社を志望する学生は、なぜ薬局や病院(臨床業界)に行かないのか?ということを採用面接で聞かれるかもしれません。6年制薬学部を卒業する学生に聞くことで、業界志望の意図を分かりやすく知れる質問です。

そんな時に実務実習を疎かにしていたら、具体的なエピソードを交えて話すことはできるのでしょうか?中々、薬剤師の先生方が用意したカリキュラムに従っていては厳しいと思います。

そこで、私が経験した病院実習での製薬志望者必見のロールプレイを紹介します。

DIの先生に相談して医薬品採用ロールプレイをしてみよう

MRが薬剤部の中で1番接する機会が多いのは、もちろん医薬品情報を扱うDIの先生です。さらに鍵となるのは、医薬品採用にも携わっているということです。そのため、新採用医薬品を決める際に、DIの先生の思考について学んでおくことは、自社の医薬品を採用してもらうために重要になってきます。

その過程を知る為に、ぜひDIの先生に実際に比較検討して採用をした医薬品事例を教えてもらえるように頼んでみましょう。私が経験したのは、ダブルバック輸液を採用する際に2社のパンフレットを見比べて、どちらをなぜ採用したのか答える。というものでした。

中々、製薬企業志望の学生にむけて、医薬品採用のロールプレイを用意している。という実習先はないと思いますが、新薬の採用は日々行われているはずです。ぜひ、時間に余裕がある初期の頃にDIの先生と仲良くなり依頼してみてはいかがでしょうか。

カテゴリの記事一覧

【第11回】終わり良ければ全て良し。お礼状の書き方、教えます

【第10回】やり残したことはない?+αを学ぶ確認リスト

【第9回】実習を通してキャリアについて考えてみよう

【第8回】暇なとき何をする?放置された時の自学習マニュアル

【第7回】在宅医療は机の上で!?現場同行してみたいと言ってみよう

【第6回】実は製薬志望なんです。そんなあなたにこそ実習は大事

【第5回】日報や論文に役立つ、文章力が向上するおすすめ本3選

【第4回】実習2週間目のチェックリスト、これくらいは把握しておこう

【第3回】薬局病院実習の持ち物一覧

【第2回】実習初日!気をつけておきたい3つのこと

【第1回】2.5ヶ月我慢すれば・・・そう考えていませんか?