まずはLINEでタレントゲートの 公式アカウントを友だちに登録!

LINEで友達登録が完了するとマイページ発行のご案内が届きます。

マイページでは、個別相談(カウンセリング)や企業とコラボレートして実施するいろいろな講座などに予約したり、会員だけが読める特別な記事を読むことができます。

第10回[記事一覧]

「じっくり考えたあとは、行動に移してみよう!」

登場人物

ホシ
数多くの学生の就活支援を行ってきたコンサルタント。タレントゲートでは、薬学生に特化したカウンセリングや講座を担当している。
ユイ
薬学部の5年生。悩める就活中の女の子。希望進路はまだ未定。

(前回までのあらすじ)
満を持して、ホシとの個人面談に訪れたユイ。自己分析をしていくうちに、興味のある仕事が少しずつ見えてきたようです……。

よし、今日はこの辺にしておこうか。じゃあ今回自己分析してみた内容を踏まえて、もう少し自分でも考えてみてね。
はい、やっぱり一人でやるより断然クリアになりました……! ありがとうございます。
いろいろな面談や講座を受けてもらって、自己分析も進んできたけど、実感としてはどうかな?
えぇと……そうですね、なんとなくですが、方向性が見えてきた感じです。
おっ、何?
病院の薬剤師です。
なるほど。どんなところが気になったの?
うーん、まだ迷っているのですが、やっぱり患者さんにより近いところで仕事できるのは病院かなって。
うんうん。
でもなんとなく思いはじめたばっかりで、自分にできるか不安もあるんですけど……。
一口に「病院」といっても、いろいろあるよね。じゃあ次は、あちこち見学に行ってみたらいいんじゃない?
そうか、見学……実習先とか関係なくても、大丈夫ですかね……?
ある程度のところまで自分の頭で考えたら、一度行動に移してみるのも大切なんだよね。百聞は一見にしかず。「とりあえずチャレンジ」というフットワークの軽さで、ね。
は、はい。確かにそうですね。
働いてみたい病院がもし見つかったら、連絡してみたら?
わかりました。そうしてみます!

〈次回につづきます〉

カテゴリの記事一覧

【第10回】「じっくり考えたあとは、行動に移してみよう!」

【第9回】「本格的な就活のスタートに向けて」

【第8回】「就活スタートダッシュのために」

【第7回】「自己分析では、“自分史”を振り返ってみよう!」

【第6回】「就活にはなぜ“自己分析”が必要なの?」

【第5回】「5年生のうちに、薬学生が必ずやっておきたいこと」

【第4回】「実習の経験を就活で活かすには?」

【第3回】「わずかな選択肢ではもったいない! 薬学生がもつ可能性とは」

【第2回】薬学生って、卒業したらどうなるの?(後編)

【第1回】薬学生って、卒業したらどうなるの?(前編)