まずはLINEでタレントゲートの 公式アカウントを友だちに登録!

LINEで友達登録が完了するとマイページ発行のご案内が届きます。

マイページでは、個別相談(カウンセリング)や企業とコラボレートして実施するいろいろな講座などに予約したり、会員だけが読める特別な記事を読むことができます。

第2回[記事一覧]

薬学生って、卒業したらどうなるの?(後編)

登場人物

ホシ
数多くの学生の就活支援を行ってきたコンサルタント。タレントゲートでは、薬学生に特化したカウンセリングや講座を担当している。
ユイ
薬学部の5年生。悩める就活中の女の子。希望進路はまだ未定。
さてみなさん、「薬剤師」として選べる進路、いくつ思いつきましたか?
(そうはいっても、製薬メーカーのMRとCROくらいじゃないのかなぁ)
薬学生のみなさんは、自分の進路として調剤薬局や製薬メーカー、病院…くらいの選択肢しか想定していないことが多いんですよね。
(そうかも)
でも改めて、「薬剤師の資格をどこで活かせるか」と考えてみてください。
(薬剤師資格を“活かす”…)
例えば、薬学の知識は化粧品や食品メーカーなどでも生かすことができます。ヘルスケア系のベンチャー企業も増えてきていますよね。公務員という道もあります。
(うーん、そう言われてみれば、そうかぁ)
「薬剤師」の資格、そしてみなさんが身につけている知識は、いろいろな場所で求められるものなんです。あなた自身はそれを、どこで活かしていきたいですか? 一度視野を広げてみると、今までとは違う選択肢が見えてくるかもしれませんよ。
(そんなこと、考えたことなかったな。もうちょっと、ちゃんと話を聞いてみたい!)

〈第1回へ第3回へ〉

カテゴリの記事一覧

【第10回】「じっくり考えたあとは、行動に移してみよう!」

【第9回】「本格的な就活のスタートに向けて」

【第8回】「就活スタートダッシュのために」

【第7回】「自己分析では、“自分史”を振り返ってみよう!」

【第6回】「就活にはなぜ“自己分析”が必要なの?」

【第5回】「5年生のうちに、薬学生が必ずやっておきたいこと」

【第4回】「実習の経験を就活で活かすには?」

【第3回】「わずかな選択肢ではもったいない! 薬学生がもつ可能性とは」

【第2回】薬学生って、卒業したらどうなるの?(後編)

【第1回】薬学生って、卒業したらどうなるの?(前編)