まずはLINEでタレントゲートの 公式アカウントを友だちに登録!

LINEで友達登録が完了するとマイページ発行のご案内が届きます。

マイページでは、個別相談(カウンセリング)や企業とコラボレートして実施するいろいろな講座などに予約したり、会員だけが読める特別な記事を読むことができます。

第6回[記事一覧]

「就活にはなぜ“自己分析”が必要なの?」

登場人物

ホシ
数多くの学生の就活支援を行ってきたコンサルタント。タレントゲートでは、薬学生に特化したカウンセリングや講座を担当している。
ユイ
薬学部の5年生。悩める就活中の女の子。希望進路はまだ未定。

(前回までのあらすじ)
コンサルタントのホシから、いろいろと考える宿題をもらい、ユイもようやくキャリアについて真剣に考える気になってきたようです。さて、一念発起したユイがまず最初にとった行動とは……?

(ホシさんからすすめてもらった講座にきてみたけど……お、思ったより人数が少なくて緊張する…。)
さて、それでは自己分析講座をはじめますよ。今日きてくれた人はラッキーだね。今のうちに自己分析をはじめておくと、来年ぐっと楽になるからね。
(自己分析……ちょっと面倒だなあ)
そもそも、なんで自己分析が必要なんだと思う?
えっ。ええと、会社の人に自分の強みを伝えなきゃいけないから…?
うーん、そう思っている人が多いけど、それはよくある勘違いなんだよね。
そ、そうなんですか?
自己分析というのは、「自分が大切にしている価値観とは何か」を見つめ直す作業なんだよ。会社が求める人材像に合わせて強みをPRしても、それがあなたが大切だと思う価値観とズレていたら、そこでは長く働けないでしょ? 
はあ…なるほど。
企業側が面接などで知りたいのはまさにそこ。あなたがどんな価値観を持っているのか。うちの会社に入社したら長く幸せに活躍できそうか。就活はある意味、お見合いみたいなものだからね。
自己PRを作るため、くらいにしか考えてませんでした……。
幸せの基準は、自分次第。「あなたにとって何が幸せか」を知ることが、会社選びの第一歩になるんだよ。
そういうことなんですね~。
それから、「自分は薬剤師になるんだから、自己分析はいらない」と考える人も多いみたいだけど…。
あ、確かにそうです。周りの友だちがそんな感じで。
今のうちに、ぜひ自分の価値観をきちんと見つめ直しておいたほうがいい。そんな機会なかなかないし、将来を考えるうえでも絶対に役立つはずだから。
そ、そうですよね。
では具体的に、自己分析をはじめてみましょう。
よろしくお願いします!

〈第5回へ第7回へ〉

カテゴリの記事一覧

【第10回】「じっくり考えたあとは、行動に移してみよう!」

【第9回】「本格的な就活のスタートに向けて」

【第8回】「就活スタートダッシュのために」

【第7回】「自己分析では、“自分史”を振り返ってみよう!」

【第6回】「就活にはなぜ“自己分析”が必要なの?」

【第5回】「5年生のうちに、薬学生が必ずやっておきたいこと」

【第4回】「実習の経験を就活で活かすには?」

【第3回】「わずかな選択肢ではもったいない! 薬学生がもつ可能性とは」

【第2回】薬学生って、卒業したらどうなるの?(後編)

【第1回】薬学生って、卒業したらどうなるの?(前編)