まずはLINEでタレントゲートの 公式アカウントを友だちに登録!

LINEで友達登録が完了するとマイページ発行のご案内が届きます。

マイページでは、個別相談(カウンセリング)や企業とコラボレートして実施するいろいろな講座などに予約したり、会員だけが読める特別な記事を読むことができます。

第7回[記事一覧]

「自己分析では、“自分史”を振り返ってみよう!」

登場人物

ホシ
数多くの学生の就活支援を行ってきたコンサルタント。タレントゲートでは、薬学生に特化したカウンセリングや講座を担当している。
ユイ
薬学部の5年生。悩める就活中の女の子。希望進路はまだ未定。

(前回までのあらすじ)
就活に本腰を入れはじめたユイは、ホシの開催する自己分析講座を訪れます。いよいよ、具体的な自己分析をスタートするようですが……?

私、自分で自己分析をしようとしたことがあったんですけど、いきなり「あなたの強みはなんですか?」みたいに聞かれて、なんだかよくわかんなくなっちゃったんです……。
なるほど。それはずいぶんといろいろなことをすっ飛ばしたね!
えっ、そうなんですか?
そんなこと、いきなり聞かれてもわかるわけないじゃない。僕だってそうだよ。
ええっ!
「自己分析」っていうくらいだから、そんなに簡単にはいかないよ。時間をかけて、今まで生きてきた期間のことを思い出すことからはじめるのがオススメかな。
今まで生きてきた期間ですか?
例えば小学校の頃から今までを、順にさかのぼってみて。自分はどんなことが得意だったか。どんなことがうれしかったか。どんなことに夢中になれたのか。
そんなことが就活に必要な自己分析になるんですか……?
一つひとつ記憶をたどってみると、「自分が何を大切にして生きてきたか」が浮き彫りになってくるんだよ。
あっ、そうか。それが「自分が大切にしている価値観とは何か」につながるんですね!
その通り。「自分史」を振り返ってみると、みんなが思っている以上にいろいろなことが見えてくるはず。その結果「自分の強みはこれだ!」という確信につながることもあるだろうね。
むむ……なるほど。やっぱり手抜きはダメってことですね~。自分史振り返り、一度自分でがんばってみます。
うんうん、もし途中で煮詰まってしまったら、また相談においで。
はい! ありがとうございます。

〈第6回へ第8回へ〉

カテゴリの記事一覧

【第10回】「じっくり考えたあとは、行動に移してみよう!」

【第9回】「本格的な就活のスタートに向けて」

【第8回】「就活スタートダッシュのために」

【第7回】「自己分析では、“自分史”を振り返ってみよう!」

【第6回】「就活にはなぜ“自己分析”が必要なの?」

【第5回】「5年生のうちに、薬学生が必ずやっておきたいこと」

【第4回】「実習の経験を就活で活かすには?」

【第3回】「わずかな選択肢ではもったいない! 薬学生がもつ可能性とは」

【第2回】薬学生って、卒業したらどうなるの?(後編)

【第1回】薬学生って、卒業したらどうなるの?(前編)