まずはLINEでタレントゲートの 公式アカウントを友だちに登録!

LINEで友達登録が完了するとマイページ発行のご案内が届きます。

マイページでは、個別相談(カウンセリング)や企業とコラボレートして実施するいろいろな講座などに予約したり、会員だけが読める特別な記事を読むことができます。

第9回[記事一覧]

「本格的な就活のスタートに向けて」

登場人物

ホシ
数多くの学生の就活支援を行ってきたコンサルタント。タレントゲートでは、薬学生に特化したカウンセリングや講座を担当している。
ユイ
薬学部の5年生。悩める就活中の女の子。希望進路はまだ未定。

(前回までのあらすじ)
ユイはいろいろと戸惑いながらも、ホシのアドバイスをもとに、自己分析を少しずつ進めてきました。そして再び、これからのことを相談するため、はじめての個人面談に参加することにしたようですが……?

ホシさんこんにちは! 今日はよろしくお願いします。
講座にはきてくれたことがあったけど、個人面談ははじめてだよね。なぜ申込もうと思ったの?
今までもLINEでいろいろアドバイスいただいたんですけど……。自己分析をやってみて、自分の頭だけで考えても限界があるなあってつくづく思ったんです。
そうだね。自分のことって案外、わからないものだよね。人から質問を受けてはじめて気づくことも多いよね。
自己分析に時間がかかることにも、はじめて気づきました。だから改めて、いつまでに何ができていればいいのか、教えていただきたくて。
うん、まず大手の薬局など、企業の採用情報が解禁されるのは3月から。だからどの職業を目指すにしても、一度そこに照準を合わせた方がいいかな。
ということは、1月~2月のあいだに、ある程度の準備をしておいた方がいいってことですよね。
そうだね。業界の新しい情報収集、OB・OGの先輩に話を聞く……といったところは、早めに動いておくといいよ。社会人は、春から忙しくなることも多いから。講座に参加して、同じ就活生と情報交換するのもいいんじゃない?
そうか……そうですよね。何人か、先輩に話を聞いてみようかな……。
理想としては、就職したい企業を絞って、自己PRを書くまでは到達したいところだね。そのあとは具体的な就活がどんどん進んでいくことになるからさ。
うぅ……そう考えると、けっこう時間ないですね……。
そうなんだよ。でも今から一つずつやっていけば大丈夫! さて、じゃあ今日はさらに自己分析を深めていこうか。
はい、お願いします!

〈第8回へ第10回へ〉

カテゴリの記事一覧

【第10回】「じっくり考えたあとは、行動に移してみよう!」

【第9回】「本格的な就活のスタートに向けて」

【第8回】「就活スタートダッシュのために」

【第7回】「自己分析では、“自分史”を振り返ってみよう!」

【第6回】「就活にはなぜ“自己分析”が必要なの?」

【第5回】「5年生のうちに、薬学生が必ずやっておきたいこと」

【第4回】「実習の経験を就活で活かすには?」

【第3回】「わずかな選択肢ではもったいない! 薬学生がもつ可能性とは」

【第2回】薬学生って、卒業したらどうなるの?(後編)

【第1回】薬学生って、卒業したらどうなるの?(前編)