大学近くまでコンサルタントが出向く「出張講座 就活スタートアップ編」を開催。ウェブマガジンには新コーナーが登場

こんにちは。今年も残すところあと1か月となりました。薬学生のみなさんは、Ⅱ期の実習が終わってほっと一息ついているところでしょうか。タレントゲート運営事務局では、これから本格化する就職活動に備えるための出張講座の開催や、ウェブマガジンでの情報発信を行なっています。今回はその内容をご紹介します。

都内5か所、大学近くの会場で出張講座を開催。

いよいよ12月。実習に、試験勉強にと忙しい日々を過ごしている薬学生のみなさんも、そろそろ目前に迫った就職活動のことを考えなければならない時期になりましたが、実習を通じて薬局や病院の仕事が具体的に見えてくることで、自分に合ったキャリア選びってどうしたらいいの?と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

大きく変化する環境に適応しながら、自分に合ったキャリアをデザインしていくには何が必要か。それを考えるきっかけにしてもらうため、私たちは11月〜12月にかけて、都内5か所で「就活スタートアップ講座」の出張講座を開催することになりました。
・11/25(金)@池袋 18:00-20:00(※終了しました)
・12/8(木)@町田 19:00-21:00
・12/15(木)@秋津 17:30-19:30
・12/16(金)@八王子 18:30-20:30
・12/20(火)@三鷹 18:30-20:30
みなさんの参加をお待ちしています。

「次世代の薬剤師」に迫る、新企画がスタート

タレントゲートのウェブマガジンで、新企画がはじまりました。タイトルは「次世代の薬剤師たち」。今、まさに変化し続けている環境の中で、主体的かつ前向きに、さまざまな取り組みにチャレンジしている薬剤師の方々を取り上げていきます。
第一弾で登場いただいたのは、在宅に特化した薬剤師として働く、雄飛堂薬局の新井翔さん。新卒のときから在宅に関わり、30代で薬局長を努めていらっしゃいます。

学生のときどんなことを考えていたのか、そしてなぜそのキャリアを選んだのか。現場にはどんな課題があるのか、そして“次世代の薬剤師”に必要なこととは何か。今までのご経験から感じていることを、さまざまお話いただきました。

薬学生のフォロワーが増加中の、タレントゲート公式Twitter

公式Twitterに薬学生のフォロワーが増えたことで、大学や研究に関するトピックが注目を集めているようです。
今月は以下の2つのツイートが特に人気でした。

このTwitterの“中の人”、実はタレントゲートでインターンをしてくれている現役の薬学生。日々こうした情報にアンテナを貼り、学生目線で役立つ情報を発信しています。

まとめ

1年は本当にあっという間ですね。年が明けてしまえば、国試の勉強に、就活にとまた忙しい日々がはじまります。来年、ギリギリになって焦ることがないように、今年のうちにできることはしっかり準備しておきたいところですね。