面接が怖い・・・対策って何をしたらいいの?
タレントゲートの面談では、面接練習をすることがあります。

そのとき、「頑張って準備をしているんですが、落ちてしまいます」という方のお話を伺っていると、ある共通点に気づきます。真面目な方ほどハマってしまう、とある面接対策の落とし穴があるのです・・・。

今回は、面接対策について、多くの方が陥りやすい誤解や、 対策のポイントについてお話します!
面接対策とは想定質問に対する回答を覚えること?

あなたは、面接対策といったら、何をするでしょうか?
「志望動機や自己PRなど、想定される質問を洗い出して、それに対する回答の文章を作ってそれを暗記する」
そう思った方、ちょっと惜しいです!

質問をたくさん想定して回答を準備する、ところまでは間違っていないのですが、「回答を暗記する」というのは面接の対策としてはよろしくありません。
ただ、このような自己流の面接対策をしている方はとても多く、「頑張って対策をしているのに、なぜか落ちるという」現象が起こってしまうのです。
確かに緊張しがちな面接で、きちんと答えるために対策をしたい!と思ったら、「用意してきたものをそのまま答えた方が確実!」と思う気持ちも分かります。

しかし、面接はあくまで“会話”です。想定された質問に対して、覚えてきた回答を“台本”のように淡々と話してしまっては、“会話”としては不自然なものになってしまいます。

普段の会話を想像してみてください。
自分が一つ質問したことに対して、相手が数分間ひたすら台本のように覚えてきたことを話すような会話の仕方は、なかなかしないと思いますし、あったとしても相手の言っていることが頭に入ってこないのではないでしょうか。

相手をよく見て会話をしよう!

面接での会話は、基本は普段の会話と一緒です。

ただし、面接においては普段の会話よりも、
「相手をよく見て、状況に合わせて会話すること」
「相手の答えてほしいことに的確に答えること」
に注意することが大切です。

相手をよく見て、興味がありそうな反応をしたら、その部分を重点的に話す、興味がなさそうであれば、端的に切り上げるなど、状況に合わせて会話をする。
相手の質問が、
「YesかNo」で聞かれているのであれば、YesかNoで答える。
「What」で聞かれているのであれば、「How」や「Where」の話をするではなくて「What」で答える。
こういった会話において当たり前のことを普段よりも丁寧にする、ということを緊張しがちな面接でできるように、普段の会話でも、上記のようなことを意識して会話をすることが、面接対策の一つとして有効です。

やっぱり怖い面接、何を準備すれば・・・?

これまで、当日の話の仕方について触れましたが、やっぱり怖い面接、少しでも自信を持って当日話すために、事前準備も大切です。
事前の準備では、志望動機や自己PR、学生時代に頑張ったことなどの定番の質問や、自分が受ける企業や薬局、病院ごとに聞かれそうな質問など、想定される質問を洗い出して、回答をしてみましょう。

このときに、回答を丸暗記するのではなくて、ポイントだけを覚えて、つなぎ合わせて会話ができるようにしておきましょう。

回答を丸暗記すると、もし一部でも忘れた場合にパニックになってしまう可能性がありますが、ポイントだけにすると、覚えやすく、その場の会話の流れに合わせることもできて安心です。

さらに、自分が出した回答に対して、なぜ自分がそう思ったのか?と、そう考える根拠となるエピソードを思い出しておきましょう。
特に、志望動機や自己PR、学生時代に頑張ったことに関するエピソードは、2つ以上思い出して、話せる状態にしておくと安心です。
この準備をしておくと、面接官が面接で主に知りたいと考えている、「あなたがどのように考えてどう行動する人なのか(価値観や行動特性)」と「その根拠となるあなたのエピソード」について自分の中で整理がされた状態になっているはずです。

しかし、どれほど準備をしていても、想定外の質問をされることはあり得ます。

ただ、基本的に面接官が面接で知りたいことは変わらないので、もし想定外の質問が来ても上記のような準備をしておくと、その質問に対する考えと、根拠となるエピソードについて、あなたなりに答えることができるはずです。

今回のまとめ

想定質問を考える、
→回答をしてポイントだけ覚える
→回答に関する自分のエピソードを話せる状態にしておく

このセットをぜひ準備してみてくださいね。

一人で考えてみてわからなくなったり、面接の練習をしたくなったりしたときは、タレントゲートに相談してくださいね!

LINEでタレントゲートの

公式アカウントを友だち登録!

※友達登録のみではイベント予約はできません

友達登録完了後、

マイページを発行しよう!

※完了後、発行のご案内が届きます

LINE登録することで・・・
  • ・困ったときに気軽に連絡できる
  • ・イベント告知や役立ち情報を見逃さない
マイページを発行(会員登録)することで・・・
  • ・様々なイベント、講座に参加できる
  • ・個別相談、ES添削などなど予約可能
  • ・会員限定の特別な記事が読める
※LINEで友達登録が完了するとマイページ発行のご案内が届きます。

新規登録