面接官の反応が悪かったエピソードはもう使わない方がいいのか

最近の個別面談は面接練習ラッシュです。企業就活の方だけでなく、病院・薬局希望者も個別面談で面接練習を重ねています。

面接に関する相談で最も多いのが「エピソードの選び方」です。エントリーシートを作成するときにエピソードをじっくり選び、書いたことを面接で使えるように話す用意もしているという方が多いと思います。

練習や準備をして面接を受けたのに面接官の反応がイマイチだった。次の面接では話す内容を変えたほうがいいのではないか・・・そのような悩みが多いようです。
今日は面接でのエピソードの選び方について考えます。


ガクチカでウケがいいのはサークル?研究活動?

面接でよく聞かれる「学生時代最も力を入れたことを教えてください」という問い。
自分なりに用意して「サークル活動」について熱く語ってみたけれど、面接官の反応はイマイチだったということはありませんか?さらに「学生なのに研究は頑張らなかったの?」と返されてしまった。これは精神的にダメージを受けます。

次の面接では「ガクチカ」の内容を変えたほうがいいのではないか…そう思ってインターネットでいろいろと調べてみると、「ガクチカ」は学業以外の方がいいという情報を見て、何を話したらいいのか全然わからなくなってしまった…このようなサイクルに陥ってしまう方に毎年出会います。

面談やコラムで度々お伝えしていますが、私の答えは「エピソードはなんでもOK!」です。質問が「学生時代のサークル活動について教えてください」などと具体的な聞き方でなく、答える側に全て委ねるような問いの場合は、正直に、自由に答えるのが正解なのではないでしょうか。

「どんなことに力を入れたのか」「どんな時に力が出るのか」という事も知りたい、という問いだと思います。

情報は聴き手の経験により認識されるもの

同じエピソードで盛り上がる面接と盛り上がらない面接があります。なぜそのようなことが起こるのでしょうか。
それは「聞く側(面接官)」が鍵を握っているからです。聞く側の人生経験により盛り上がり方は変わってしまうのです。

例えば、学生がカフェでのアルバイトについて語っても、面接官がアルバイト未経験の場合、エピソードで語られた場面を想像し、共感することは難しいかもしれません。

面接官はエピソードを通して、受験者がどのような人なのかを知ろうとしています。限られた時間の中で理解を深めるためには、面接官側が理解しやすい方向に話を進めていくことになります。

そこで、「サークルはどうですか?」と学生が語ったこととは別の方向に話が進むことがあります。そのような時に、学生側は「ウケが悪かった」と感じてしまうのではないでしょうか。

「自分らしさ」を大切に、面接官についていこう!

1度の面接での反応が悪かったからといって、次回も悪いのか…必ずしもそうではありません。面接官は毎回変わりますし、受ける企業が変われば求められる人物像も変わります。

前回はあまりウケが良くなかったと感じたエピソードで、次の面接はすごく盛り上がるかもしれない。自分に興味を持ってもらえるきっかけになるかもしれない。
どのようなエピソードだと話が広がるのか、それは受けてみなければわからない部分が多いのです。

面接練習をして、誰にでも理解してもらえるような説明力を身に付けること、そして、エピソードを通して相手に届けたい「自分らしさ」を忘れないことが大切です。

まずは自分が一番自分らしいと思える出来事を伝えてみましょう。相手が他のエピソードを求めてきた際には、自分のことをより深く知りたいと思ってもらえていると思って元気に他のエピソードを語ってみてください。

引き続き、個別面談では「自分らしさ」を再確認して、言葉にすることができるようにしっかりとサポートしていきたいと思います。

<執筆者プロフィール>
坂田 康子(Yasuko Sakata)
国家資格「キャリアコンサルティング技能士 (2級) 」保有
首都圏大学で約12年間学生サポートに携わり、2019年8月にタレントゲートへジョイン。現在は個別面談と文章添削サービスを担当。一人ひとりにとってより良いキャリア選択の実現を目指し、寄り添い、親身になってくれる人柄も人気である。

LINEでタレントゲートの

公式アカウントを友だち登録!

※友達登録のみではイベント予約はできません

友達登録完了後、

マイページを発行しよう!

※完了後、発行のご案内が届きます

LINE登録することで・・・
  • ・困ったときに気軽に連絡できる
  • ・イベント告知や役立ち情報を見逃さない
マイページを発行(会員登録)することで・・・
  • ・様々なイベント、講座に参加できる
  • ・個別相談、ES添削などなど予約可能
  • ・会員限定の特別な記事が読める
※LINEで友達登録が完了するとマイページ発行のご案内が届きます。

新規登録