国家試験対策コラム 第4回 (全12回) −チャンク化勉強法vol.2−
前回、覚える内容を意味のあるまとまりとして効率化するチャンク化を紹介しました。例として物理や化学、生物のような基礎科目から薬理や病態、法規までをチャンク化してみましたがいかがでしたか?

今回も似たような例を別の分野で紹介していきますので、チャンク化の参考にして日々の学習に取り入れてみてください。
チャンク化の例を見てみよう
薬剤―化学-薬理学―実務

これは薬剤のADMEにおける吸収(Absorption)分野に焦点を当てたものから、チャンク化していった例です。相互作用による吸収遅延・吸収阻害はよく問題にも出されやすいため、今回とりあげてみました。

抗コリン薬からの連想は、本当に頻出の分野です。自律神経に関係する内容は生理学や薬理学、薬物治療とも繋がりが見えてきます。副交感神経はリラックスする神経としても知られていますが、抗コリン薬は副交感神経に拮抗して働くため胃腸運動は抑制されます。

副交感神経亢進により膀胱では膀胱平滑筋収縮作用、眼では縮瞳作用となり、抗コリン薬を使うことで症状が悪化する恐れがあるため禁忌となります。

抗菌薬と他の薬物との相互作用についてはよく知られています。そこで、化学という構造的視点を加えてみましょう。カルボキシ基と言えば、酸性官能基というイメージを持つ人が多いでしょう。それだけでなく水素が離れることで、マイナスに荷電するためキレート作用を持ちます。

これは、血液凝固におけるビタミンKを補因子としたγ―グルタミルカルボキシラーゼによるγ―カルボキシ化された構造がカルシウムをキレートし、生理活性作用を起こすものと似た作用になります。構造的な視点を入れることで、どの官能基が反応するかを考察することもできます。

ビスホスホネート製剤における用法で「起床時にコップ1杯の水と共に服用しその後30分間は横にならない」というのは有名ではありますが、これも水以外の飲食を禁止にするのは吸収遅延を危惧してのことです。

物理―薬物治療―生物

普段原子レベルで、放射線や放射能について考える機会はないと思います。しかし、放射線の内容も場合によっては生物分野や薬物治療へチャンク化できます。

画像診断を理解する際に、まずは放射壊変について考えないといけません。
これは原子力発電における核分裂を考慮すると少し考えやすいと思います。ウランは非常に大きな原子なのでα壊変で放射壊変していき、高いエネルギーを生み出すことができます。放射壊変の中には上図記載のβ壊変やγ放射といった種類もあり、最終的には核医学診断へ応用されていきます。

薬理―衛生―薬物治療―法規

一つの薬物をとっても色々なチャンク化があります。

アセトアミノフェンと言えば肝障害に関係するという内容や、作用機序についてもNSAIDsとは異なるものを持っており、規格によっては劇薬にもなります。

肝障害とアセトアミノフェンを関連させるならば、肝障害の元になる代謝中間体であるNAPQI(N-アセチルベンゾキノンイミン)の存在が関係します。肝障害だけで言えば、AST・ALTの上昇具合から疾患の鑑別ヒントが得られます。

例えば肝硬変であれば細胞が線維化しているため、細胞内酵素が高度な上昇をすることはあまりありません。作用機序において、COXが関与しないのであればエイコサノイドのプロスタグランジンの生成抑制をしないため胃腸障害リスクが減ります。アセトアミノフェンは薬理の中でも色々なチャンク化が可能な薬物です。

チャンク化はとても頼れる武器になる

ここに示したのは、チャンク化のほんの一例です。個々の知識で色々なチャンク化ができるため、最初は練習です。しかし繋がってくれば、本番で忘れかけてもどこかの問題や答えをヒントにして引っ張り出すことが可能となります。
この方法を上手に駆使して、覚えなければならない量を減らしましょう。

最近の国家試験は、他の科目の知識を使って様々な分野を解くことができる場合が多いです。そのため、自身でマインドマップを作成していき、自分なりの知識をうまくチャンク化して繋げていきましょう。

<執筆者プロフィール>
滝本大輔(Daisuke Takimoto)
薬剤師歴4年/国家試験・定期テスト指導歴9年
大手チェーン薬局に現役薬剤師として勤務しながら、個人の性格や理解に合わせた超オーダーメイドの学習指導を行っている。現在は心理学を応用した指導方法に注力しており、学習だけではない細やかな気配りや人柄も人気である。

LINEでタレントゲートの

公式アカウントを友だち登録!

※友達登録のみではイベント予約はできません

友達登録完了後、

マイページを発行しよう!

※完了後、発行のご案内が届きます

LINE登録することで・・・
  • ・困ったときに気軽に連絡できる
  • ・イベント告知や役立ち情報を見逃さない
マイページを発行(会員登録)することで・・・
  • ・様々なイベント、講座に参加できる
  • ・個別相談、ES添削などなど予約可能
  • ・会員限定の特別な記事が読める
※LINEで友達登録が完了するとマイページ発行のご案内が届きます。

新規登録