追い上げ型MR就活、夏のインターン不参加からの戦い~Yさんの就活

私は数年前まで都内の大学の薬学部で働いていました。Yさんのことは当時から知っていました。大学で見かける活発な様子から、なんとなく企業を目指すのだろうと予想していました。

そんなYさんの初めての個別相談は6年生の4月。すでに早期選考が本格化している時期でした。

そこで聞いた「夏のインターンは参加しなかった」という言葉に「なぜ!?」と驚いたのを覚えています。
今回は少し遅めのスタートだったYさんの就活を振り返ります。

「5年の夏はバリバリダンスをしていた!」

企業希望者の多くがインターン選考に立ち向かっていたころ、Yさんは「バリバリダンスをしていた!」と言います。
ダンスにのめり込み、学内の部活だけでなく学外の団体でも積極的に活動をしていました。当時は漠然と「卒業後は薬剤師になろう」と考えていました。

そんなYさんに転機が訪れたのは薬局実習。
実習先で言われた「MRが向いているのでは…」という何気ない一言に心動かされ、企業の説明会に参加をするようになりました。それでも最初は「お試し」のような気持ちで動いていたといいます。

さまざまな説明会に参加し企業の方々と関わる中で、次第に製薬メーカーの仕事への興味が高まりました。しかし、周囲には早くに動き出し、早期選考の流れに乗る就活生ばかり。情報戦の中で、ひそかに気持ちを燃やしていきました。

行動力と思考力を武器に

インターンから早期選考の流れに乗っている就活生たちを横目に、彼は独自の対策を進めていきます。

インターンに参加していないことが弱みにならないよう、積極的にOBOG訪問を進めていきました。若手社員・中堅社員・ベテラン社員と勤続年数別に話を聞き情報を得るだけでなく、企業ごとの特徴や職種で求められる能力などを分析していきました。

大学のキャリアセンターや就活ナビサイトなどさまざまなサービスを活用し、情報を得るたびに、その情報について自分の考えを整理していきました。

個別面談は教わる場ではなく、挑戦の場

Yさんの個別相談では、毎回必ず「面接練習」を行いました。
3回目あたりから、想定質問と回答の両方を用意してくるようになりました。

説明会やOBOG訪問で得た情報から、問われそうなことを考え予想を立てる。そして、自分の軸と自分なりに見出した企業の軸を掛け合わせて回答を作成する。

この「考える過程」が彼の強さを形成していきました。回数を重ねるごとにどんどん考えが深まり、回答が論理的で説得力のあるものになっていきました。受け身ではない面接練習が成長に繋がっていったのだと思います。

「自己PR」にあった「切り拓く力」という彼の強みが、就職活動でも実行されていることを目の当たりにしました。このような積み重ねが実を結び、最終的に複数の製薬メーカーから内定を獲ることができました。

早期選考で先に進んでいく友人たちの中で、自分がやるべきことを見極めて冷静に行動し続けたYさんの就職活動。周囲の就活生と自分を比べて少し弱気になってしまう時に、大きな力を与えてくれるエピソードです。

LINEでタレントゲートの

公式アカウントを友だち登録!

※友達登録のみではイベント予約はできません

友達登録完了後、

マイページを発行しよう!

※完了後、発行のご案内が届きます

LINE登録することで・・・
  • ・困ったときに気軽に連絡できる
  • ・イベント告知や役立ち情報を見逃さない
マイページを発行(会員登録)することで・・・
  • ・様々なイベント、講座に参加できる
  • ・個別相談、ES添削などなど予約可能
  • ・会員限定の特別な記事が読める
※LINEで友達登録が完了するとマイページ発行のご案内が届きます。

新規登録