臨床経験はもちろんだけど…実習で今後のキャリアが決まる!?
薬局実習や病院実習。
大学で学んだ薬学の知識を臨床の場で活かせる貴重な体験ができる場ですね。
しかし、それだけではもったいない!

見方を変えると、今までイメージでしかなかった「社会で働く」ということをリアルに体感でき、今後、自分のキャリアを決める際に役に立つ情報の宝庫でもあるのです。

今回は、現在の就活の志望別に、実習を自分のキャリアにどう活かすのか?について考えてみます。
病院・薬局志望:自分のキャリアに直結。薬剤師のリアルな環境を見よう!

薬剤師を目指す、病院・薬局志望の方にとっては、ダイレクトに自分のキャリアに繋がる、薬剤師のリアルな環境を知ることができる機会。働き方についてよく見て、聞いていきましょう。
そして自分にとって「いいな」と感じる要素、「イヤだな」と感じる要素について整理していきましょう。

例えば・・・

他職種連携のリアル

タレントゲート会員も関心が高い多職種連携。
医師やコメディカルの方とどれくらいの頻度で接するのか、薬剤師の意見がどれだけ反映されるのか、勉強会の雰囲気など、病院や薬局によって様々です。
リアルな現場を知って、自分にとってどのような環境がいいかを考えるための情報を収集しましょう。

患者さんとの距離感

タレントゲート会員の先輩方から、実習で見ておいてよかったと良く聞く要素です。
こちらも、それぞれの病院や薬局によって様々なため、自分にとってどのような環境がいいのか、考える材料が得られます。
一人の患者さんにどれだけの時間を割いているか、薬剤師さんが患者さんとどのような会話をしているか、患者さんからどのように呼ばれているのか(名前か先生か)など、細かいところですがよく観察して、情報収集をしましょう。

企業志望:関わりそうな人の視点を学ぼう!

製薬メーカーや、CROなどの製薬に関わる企業志望の方の中には、「実習は自分のキャリアには関係ないからな・・・」と思っている方もいるかもしれませんね。
しかし、見方を変えると、こちらも今後のキャリアに役に立つ情報が転がっています。

例えば・・・

関わることになりそうな人たちの考え方を知る

医師、看護師、薬剤師など、薬を実際の現場で扱っている人たちの考え方に触れることができます。
例としては、医師に「どのような基準で薬を採用しているんですか」と聞いて、いま現場で求められている薬はどういうものか知るなど、実習に行った人でしか分からないような情報を収集しましょう。
間接的かもしれませんが、入社後、様々なタイミングで役に立つことと思います。

MRやCRAの振る舞い方を知る

実習中には、そう多くもないですが、MRやCRAの方に接する機会があると思います。
例えば、MRが主催している勉強会に参加する、医師やコメディカルとCRAとのコミュニケーションの様子を見るなど。
その際に、MRやCRAの方がどのような振る舞い方をしているのかよく観察すると、MRやCRAを目指す方にとっては、入社後の自分の行動に繋がるような勉強になると思います。

就活で活かす

タレントゲート会員の中には、他学部の学生と比べた薬学生の強み「患者さんと直接触れている、現場を見ている経験」を生かして、説得力のあるESを書いたり面接での説明をしたりしている先輩もいました。
実習のときから、「就活に活かす」という視点を持っていると、収集できる情報の質も違ってきます。

今回のまとめ

臨床の経験のみならず、キャリアにも活かすことができる病院・薬局実習。
現場でしか知ることができないことを吸収して、自分の今後のキャリアに活かしましょう!

実習で学んでおきたい「より具体的なポイント」については、以下のコラムも参考にしてみてください。
「就活にも役立つ実習の活用方法~残りの実習を有意義に過ごす+αを学ぶ7項目-薬局編-」
「就活にも役立つ実習の活用方法~残りの実習を有意義に過ごす+αを学ぶ7項目-病院編-」

実際に実習で情報収集した内容を就活にどのように活かすかなど、相談したい方は、タレントゲートの個別相談やイベントを活用してみてくださいね!

LINEでタレントゲートの

公式アカウントを友だち登録!

※友達登録のみではイベント予約はできません

友達登録完了後、

マイページを発行しよう!

※完了後、発行のご案内が届きます

LINE登録することで・・・
  • ・困ったときに気軽に連絡できる
  • ・イベント告知や役立ち情報を見逃さない
マイページを発行(会員登録)することで・・・
  • ・様々なイベント、講座に参加できる
  • ・個別相談、ES添削などなど予約可能
  • ・会員限定の特別な記事が読める
※LINEで友達登録が完了するとマイページ発行のご案内が届きます。

新規登録