実習心構え“きほんのき”7か条(後編)

それでは前編に続いて、“きほんのき”7か条の後半のスタートです。前半では、事前準備や先輩とのやり取りについて紹介してきましたが、後半では、実習を体験した薬学生の経験に基づく、実際にあると便利なモノたちを紹介していきます。

6.あると便利な実習小物はコレだ!

実習経験者一押しの便利グッズを紹介します。

イチオシ!
ポケットホルダー

白衣の胸ポケットにペンやハサミ、メモ帳……を入れていると、ポケットの部分だけが汚れてきます。でも、ポケットホルダーがあれば、そんな心配も無用。さらに、かがんだ時にバラバラとポケット中身が落ちることも防げます!

キャップレスハンコ

ハンコを使用することが意外と多いです。当たり前ですが、キャップレスだとフタを取る手間も省けるし、フタを無くす心配もありません。

消せる3色ボールペン

ちょっとしたメモ書きの際には、消えるボールペンがベスト。間違えてもササっと直せます。

ハサミ

自分のハサミがあると便利!先が丸くなっているものや安全ガイド付きを選べば、胸ポケットに入れていても安全です。

文房具類は置き忘れや借りパクを防止するためにも、マスキングテープを貼るなどして、目印をつけておくことをおススメします!

7.実習先への手土産

実習初日、または最終日に、お礼の品を持って行くのが今時の傾向だとか。とはいえ、これはあくまでも“気持ち”です。絶対ではないので、気になる方は先輩や教授などに相談してみるのが一番です。

また、初日に手土産を持っていかなかったとしても、そんなことで実習先の方々の態度が悪くなることはありません(断言!)。

もし手土産を持っていく場合には、溶けやすいチョコレートや、ボロボロと落ちるもの、食べる時に手が汚れるものは避けたほうがよさそうです。

賞味期限が「2日」など短いものもNG。賞味期限は30日以上、1つずつ小分けになっているものがおススメです。


実習心構え“きほんのき”7か条、いかがでしたでしょうか?この記事が、みなさんの実習生活に役立つことを願っています。最後に、(おしゃれな薬学生向けの)番外編を、プラスアルファでお届けします!

香りの強い柔軟剤やボディクリーム、ヘアケア製品は控えめに!

毎日使用していると、自分の香りに慣れてしまい「このぐらいなら大丈夫!」と思っていても、自分以外の人にとっては「全然大丈夫じゃなーい!」なんてことが意外とあります。匂いについての感じ方は本当に人それぞれ。患者さんの好みに合わない香りで印象が悪くなったりするのも勿体ないですから、特に気を使ったことが良いことの一つかもしれませんね。

LINEでタレントゲートの

公式アカウントを友だち登録!

※友達登録のみではイベント予約はできません

友達登録完了後、

マイページを発行しよう!

※完了後、発行のご案内が届きます

LINE登録することで・・・
  • ・困ったときに気軽に連絡できる
  • ・イベント告知や役立ち情報を見逃さない
マイページを発行(会員登録)することで・・・
  • ・様々なイベント、講座に参加できる
  • ・個別相談、ES添削などなど予約可能
  • ・会員限定の特別な記事が読める
※LINEで友達登録が完了するとマイページ発行のご案内が届きます。

新規登録